30代からはじめる資格!

30代からはじめる資格の重要性

30代といえば人生の岐路に立たされる場面が数多く存在します。
そしてその選択によって今後の人生が左右されてしまうといっても過言ではありません。 その代表的なのが結婚、出産、仕事でしょう!
特に仕事に関しては、自分のスタイルを確立する必要があります。

一般的に30代といえば、仕事の経験や実績を積み、1人前の社会人として、
働かなくてはいけない世代です。
しかし周りを見渡してみれば、経験や実績どころか、職につけない人が多く存在しています。

それはなぜでしょうか?

この世代は、丁度就職氷河期に当たり、中々正社員になれず、バイトを転々していた人も多い はずです。仮に正社員になれたとしても、条件が悪く、転職を繰り返し、仕事のスキルや経験を 身に付けられないまま今に至っている人もいます。
そうなってしまえば、即戦力として見られる30代では、
就職・転職は出来ません。
そしてあっという間に40代になりどうすることも出来なくなる可能性も大いにあります。

さらに今は不況の影響で、現在正社員として働いている人も決して人事ではありません。 「会社の倒産」「リストラ」などいつ自分の実に降りかかってきてもおかしくないはずです。
現実にそのような人はたくさんいます。
そんな時に、どの会社にも魅力的な実績、経験、スキルがあれば、
次の行き場所を見つけることが出来るかもしれませんが、それはごく一部です。
この不況下では、次の就職先が見つからず、将来や今の生活に不安を抱えながら日々過ごさなくてはいけなくなります。
そうならないためにも将来を見据えて今の内からしっかりと準備しなければなりません。

その準備とは資格取得なのです。
なぜなら、経験や実績を穴埋めする方法は資格取得しかないからです。
特に30代は、どの企業も仕事が出来るという前提での採用になるので、
未経験から実績や経験を積んでいくチャンスが少なくなります。

しかし資格なら、勉強して試験に合格すれば取得できるので、誰にでもチャンスがあります。
そして資格を取得すれば次の仕事へのステップを踏める可能性がグンと高くなるのです。

冒頭でも説明したように30代は、自分の仕事のスタイルを確立し、
安定した仕事を しなくてはいけません。それが将来の生活の安定に繋がります。
40代でバタバタしても遅いのです。
ですから、30代の今のうちに出来ることを考えて実行して下さい。

このサイトでは、30代に人気のある資格を紹介します。
どの資格も30代からでも十分取得も可能ですし、仕事に活かすことも出来ます。
魅力的な資格を見つかればすぐに行動に移して下さい。
それが出来るか出来ないかで今後が変わってきます。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから