30代からはじめる資格!FPとは?

ファンナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。
しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。
独立開業して年収が1千万円以上、又は会社に属してバリバリ稼いでいる人も 多くいます。
さらには、今後も成功者がぞくぞく増えていくことは間違いありません。

ではファンナンシャルプランナーとはどのような資格なのでしょうか?
簡単に言ってしまえば金融の専門家です。
それ故、保険、金融、銀行などでその知識を活かしているのです。
その中でも特に多いのが保険業界になります。
今現在保険関係の仕事をしていて、成功している人はファイナンシャルプランナーの資格を 持っている人が多いと思います。
逆に言えばファンナンシャルプランナーの資格を持っていいなければ、
仕事の幅が狭まり、 高額な収入を得ることは難しくなります。
それだけ重要な資格といえると思います。

具体的な仕事内容は、顧客の財政的な悩みを専門的知識を駆使して
解決するお仕事です。
例えば、顧客が住宅ローンの支払いで、困っていたとします。
そんな時にファンナンシャルプランナーは、現在の収入、支出、税金、資産、保険などを考慮してどうすれば支払いをしていけるのか、もしくは持ち家を手放さなくてはいけないのか、 専門的な観点からアドバイスするのです。
又それ以外にも教育ローンや住宅購入時の相談など、顧客の最終的な目標を互いに共有しあって 問題解決する重要な仕事と言えます。
このような資格の特性から仕事以外の目的でも将来の資産運用や生活設計を考えて、 資格取得する方も多くいます。

次に試験の難易度についてですが、行政書士や社会保険労務士、
宅建に比べ合格しやすい と思います。
特に3級は、しっかり勉強すれば 独学でも十分合格できる可能性があります。
しかし2級に関しては、簡単には行きません。
試験範囲は6科目もあり、専門用語の連発なので、理解するのに一苦労します。
又ファンナンシャルプランナーの試験は実技と学科に分かれており、両方合格しなければなりません。
ちなみに合格率は、2級が学科と実技を合わせて、約30%で、
3級は、約60%
となります。

もしこれから仕事に役立てようとするなら2級を目指して下さい。
2級があれば現場で通用する知識が身に付き、就職・転職にも有利になります。

ファンナンシャルプランナーは今後活躍の場を広げて、 数多くの成功者を輩出する資格になる可能性が高いと予測できます。
しかしその反面、まだまだ出来て間もない資格なので、行政書士、社会保険労務士、 宅建などに比べれば、成功者はごく一部です。
それでも成功している人たちが増えはじめているので、今後に期待を込めて 是非チャレンジしてほしい資格の一つです。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから