30代からはじめる資格!管理業務主任者とは?

マンションの管理で出番が多い管理業務主任者資格

管理業務主任者は、国家資格であると同時に、業務独占資格の一種です。法律の保護を受けているため、現在のマンション管理会社は、30のマンション管理組合ごとに1名(以上)の管理業務主任者を配置させる(それも専任で)という義務があります。

「マンション管理士」とよく混同される管理業務主任者ですが、大きな違いは、各マンションの管理組合から、管理全般を委託されたマンション管理会社に所属して活動します。管理組合と契約を交わす際に、重要なポイントを伝えるといった業務をはじめ、いろいろな重要度が高い役割を負わされています

マンション管理士のほうは、管理組合と直接契約するといったこともあるわけで、一事業者として活動する機会がありますが管理業務主任者は基本的に法人の内部に籍を置いて働きます。その分、安定した身分・立場を保証されるといったメリットはあります。

管理業務主任者の試験は簡単ではありません。例年の合格率は20%を軽く上回る程度の数字ばかりです。およそ5名に1名くらいしか、合格者は毎年誕生していません。しかしそれでもマンション管理士よりは2倍を超えるくらいの合格率となっています。

管理業務主任者が活躍する範囲ははっきりとしています。マンションを舞台とした仕事に興味を持てない人にとっては魅力的な資格ではありませんが、マンションの管理会社は全国各地に存在します。管理が必要なマンションも、中古から新築までたくさんあるわけです。真剣にやる気があるなら、長期的な活動ができますし30代からはじめても長期的にやっていける資格であることは事実です。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから