30代からはじめる資格!旅行業務取扱管理者とは?

ツアー業界で羽ばたける旅行業務取扱管理者の資格

旅行業務取扱管理者は、ある意味では宅建に匹敵するくらい企業から重んじられる国家資格です。この資格を持っている人材を、旅行関係の事業を営む会社は必ず雇わないといけません。少なくとも、各事業所につき1名は、常に雇っていないといけないという法令があるのです。

旅行業務取扱管理者資格があれば旅行代理店等にストレート就職できるわけではありませんが、この資格の試験では旅行業界で働く上で必要となる知識がたくさん盛り込まれています。添乗員をはじめ、旅行サービスでキャリアを積みたい人にとっては、効率よくスキルの習得ができるわけです。

旅行業務取扱管理者試験の資格は、2種類に分かれています。

国内旅行業務取扱管理者
名前の通り、日本各地への旅行サービスに従事する人材を育成するために制定された資格です。
合格率は例年、30~35%くらいの間で推移しています。

総合旅行業務取扱管理者
国内旅行および海外旅行のどちらについても対応できる人材育成が目的の資格です。
近年の合格率は、20%台を記録する傾向が強いです。

汎用性という観点で見るなら、当然ですが総合旅行業務取扱管理者試験を受けたほうがよいでしょう。海外旅行の仕事もできるようになる分、難易度までやや高めになっていますが。

旅行業務取扱管理者は、旅行およびその周辺の業界でないと基本的に、需要は発生しません。ですから、受ける人の目的ははっきりとするはず。旅行という仕事でずっとやっていきたいと思える人でないと、あまり目指す意味はないですが、旅行を仕事にしたい人にはとても実入りのいい資格であることに間違いはありません。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから