30代からはじめる資格!社労士とは?

女性にオススメ社会保険労務士

社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」、 「人事採用や退職の相談」、「社内教育についての相談」になります。
この他にもたくさんの業務内容がありますが、要するに法律の専門的知識を駆使して、 社内の労働環境を解決するスペシャリストということです。

そのため、独立開業した場合、各企業と長期間顧問契約している社会保険労務士が多く、 中には1人で数十社契約していて、安定した高額な収入を稼ぎ出している人も 少なくありません。

又社会保険労務士は基本的に独立開業型の資格ですが、
企業で社員として勤務している方も多いのがこの資格の特徴です。
特に女性の社会保険労務士が多いといわれています。
但しこの場合、独立開業した人に比べ年収が低くなり、
通常の会社員とほぼ 同等の額になると思いますので、収入的なメリットは少なくなります。 さらには、社会保険労務士の資格を有していても就職・転職に 有利になることはほとんどありません。
もちろん法律の専門知識があることの優位性はあります。

しかし、せっかく苦労して資格を取得したのですから、
将来的に独立開業目指ほうが そのメリットを十分活かせると思います。

ここまで、何となくでも社会保険労務士を理解できれば次は、
試験の難易度について 説明します。 社会保険労務士は、冒頭で説明したように
企業で働く、「ヒト」に関しての 法律を身に付けなければいけないので、試験も難しくなります。

合格率は、2014年で9.3%となります。
行政書士と比べ、若干高くなりますが、受験者のレベルの高さ、試験範囲の広さなどを 考えれば、社会保険労務士のほうが難しいと思ってください。
特に主題範囲の広さは、とてつもなく8科目もあります。
さらには、理解するのが困難な問題も多数あるので、根気良く勉強しなくてはいけません。

社会保険労務士は出来る限り通信や通学を利用して、効率的な勉強法を学び、
少なくても2年間くらい勉強する覚悟をもつ必要があります。

試験勉強は大変ですが、合格さえしてしまえば仕事や収入の面で充実した生活を 送れる可能性が高いので、是非チャレンジしてみて下さい。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから