資格ランキング

30代資格ランキング

資格といっても世の中には数多く存在します。国家資格、民間資格、法律から会計、介護まで、 その内容は多岐に渡ります。
しかし全ての資格が仕事に通用するわけではわりません。
中には、趣味に活かすような資格もあれば、誰でもすぐに取得できるものもあるので、 仕事に直接影響しない資格もあります。 この見極めが難しいのです。

ではどのような資格が良いのでしょうか?
答えは仕事の需要があることはもちろんですが、ある程度難易度の高い資格を選ぶことです。
ある程度という表現は曖昧ですが、これがポイントなのです。

というのも30代という年齢を考えれば、仕事をしている人がほとんどで、
それほど勉強時間を 取ることはできませんので、難易度の高すぎる資格は、
厳しいものがあります。

例えば司法書士はその良い例で、
しっかりと学校に通って勉強しても1、2年で合格するのは困難ですし、
極端に言えば10年近く勉強しても合格できない人がいます。
これは社会人、特に30代では現実的ではありません。
かといって、あまりにも簡単すぎると資格だと仕事に活かすことが出来なくなります。

要するに簡単に合格できる資格ではないですが、
しっかりと勉強すれば合格できる資格が ベストだということです。
期間で言うと働きながら勉強して、せいぜい3年くらいがマックスではないでしょうか!

もちろんその他にも今興味がある仕事に 関しての資格や
将来就きたい仕事に関する資格と いう選び方もあると思います。
でも、これだけは理解してほしいのですが、
その資格を取得して本当に仕事に役立つの? ということです。
具体的な資格名は上げられませんが、良くあるのが、せっかく頑張って取得した
にも 関わらず、面接でアピールしても見向きもされないなんてことはザラです。
このようにならないような資格選びが必要となります。

そこで下記は、数多くある資格の中でも30代に人気があり、且つ仕事への活用度が高い 資格を選びました。 どの資格もそれぞれの業界でメリットを十分に活かし
成功している人たちが多くいます。 是非参考にして下さい。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから