通信講座の選び方

通信講座選びに迷ったらこれを基準に!

今回紹介した資格は、難易度の高いものばかりなので、市販されている教材や 自己流の勉強では、対応できない可能性もあります。 そんな時に便利なのが通信講座です。 受講料も安く、合格するまでしっかりとサポートしてくれます。

そこでこのページでは通信講座を選ぶ際のポイントを上げてみました。 このサイトに通信講座の人気ランキングを掲載していますが、 あくまでも人気なので、自分で良い通信講座を見極めるポイントを掴んでください。

●DVDなどの講義メディアはあるか
試験の難易度が高くなれば高くなるほど、講義を視聴しながら勉強していかないと 効率よく知識を吸収できませんし、意味も理解できません。
どんなにテキストが良くてもそれだけでは独学と変わらないので、通信講座の意味が なくなります。
だからこそ講義を視聴することは必要になるのです。これは絶対に必須と考えてください。
但し、講義メディアはまったく動きのない単調の画面では、長時間視聴することが出来ませんので、使っているカメラの台数(2~3台くらい)や、撮影方法(ハイビジョン撮影)などを確認してください。
インターネット上だけの講義を長時間見ながら勉強することも 難しいと思います。

●テキストはフルカラー、図表化されているか
テキストは合格するのに欠かせない要素なので、しっかりと内容を把握してから申し込んでください。その内容とは出来ればフルカラーになっていることと、図表化されていることです。
まずフルカラーになっていれば、脳を刺激して記憶にも残りやすく、いざという時に思い出すこともあります。通常の学校の教科書がフルカラーになっているのはこの為もあるそうです。
次は図表化されていることです。 文字だけでは複雑な法律を理解するのは困難ですし、簡単な法律でも難しく感じてしまいます。 一方、図表化されていれば、
スムーズに法律の仕組みを理解できて、勉強の効率も上がります。

●合格までサポートしてくれるか
通信講座は学校という枠組みですが、勉強する時は一人です。
よってわからない問題が出た時の対応が必要です。
大体のところは質問受付に対応してくれるので、問題ありませんが、
中にはないところもあります。
合格までのサポートはその会社によって異なったサービスをしていますので、
後は個人の好き嫌いになります。自分が魅力的に感じたところを選んでください。

上記の3点が絶対的に必要な条件だと思います。 それは各通信講座のホームページや資料請求などをしてみて確認してください。 もしそれでもわからない時は直接質問して聞いてみると良いでしょう! ですが、ホームページや資料などに載っていないことは、そうでないということです。

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから