自分のペースで勉強するには

戦略的かつフレキシブルに取り組める「通信教育」

30代からの資格学習を考える上では、「無理なく資格対策を続けられること」は最も重要な要素であると思います。
仕事をしながら、家事をしながら、育児や介護をしながら、といった風に、30代の資格学習は誰しも“既に抱えているもの”との両立ができるかどうかが目下の課題となるようです。
「勉強すること」が本分だった学生時代の勉強との相違をしっかり意識した上で、適切な対策を検討していく必要があります。


●求められるのは「自分の生活になじむ学習」

30代で資格受験を目指すなら、“学習ツール”にとことんこだわるべきです。
何かしらとの両立を図らなければなりませんから、当然、「自分のタイミングで取り組めること」が求められます。
時間や場所に拘束されるような学校への通学は、おそらく大半の30代にとって現実的な選択肢ではありません。

“いつでも”“どこでも”が可能となり、なおかつ自分の生活の中で無理なく進められる学習の王道といえば、やはり「通信教育」です。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

通信教育については、「難しい資格試験対策としてはイマイチなのでは?」「通信だけで本当に合格できるの?」と不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、“講座の質”といった観点からいえば問題にはなりません。
最近では、通信教育といえども、かなり進化しています。
教材のクオリティ、講義の内容、サポート体制等、通学講座以上の教材を提供してくれる講座もたくさんあります
そして、30代に人気の行政書士試験や社会保険労務士試験への対策としても、高い定評のある通信教育は決して少なくありません。


●最近の通信教育はココがスゴイ!

ひと昔前までは、通信教育というと「教材を送りっぱなしでその後のフォローがない」「教材の内容が悪い」「テキスト学習中心で、講義の提供がない」「提供されるのは教材のみでサポート体制がない」など、総じて“イマイチ感”が色濃く感じられるものが多かったように思います。
ですが、最近では30代以降の社会人が資格取得を目指すケースが増えてきており、その流れの中で、“いつでも”“どこでも”無理なく学べる通信教育へのニーズが高まり、クオリティが格段に上がってきています。
資格受験を目指す皆さんには、これまでの通信教育の概念から離れ、選択肢の一つとして積極的に受講の検討をされてみることをお勧めします。
サンプル教材の取り寄せができたり、公式ホームページで教材が閲覧・視聴出来たりする講座もあるので、まずはチェックされてみてはいかがでしょうか?

デキる30代は、すでに通信教育でガンガン資格取得を目指されています!

行政書士
行政書士
行政書士は、いわずと知れた国家資格で、その仕事内容は顧客(個人・法人)に成り代わり、 役所に提出しなければいけない、書類作成や代理提出をしています。続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

社会保険労務士
社会保険労務士
社会保険労務士は企業の総務・人事など「ヒト」に関しての仕事を請け負います。 主な内容は「社会保険・労働保険の手続き」、「就業規則、退職金制度の作成・相談」 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、出来たばかりの資格で、まだ一般的に馴染みのない資格かも しれません。しかしそうした新しい資格にも関わらず成功者が増えはじめています。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから

宅建
宅建
宅建の資格は、不動産関連の就職、転職に有効で、しかも資格手当てが貰え企業から手厚く保障されています。 それが人気の秘密でもあります。 続きはコチラから

⇒勉強法はコチラから